透明・断熱ガラスコーティング 寒暖シールド|ECO(エコ)建材の建装センター

透明・断熱ガラスコーティング 寒暖シールド

窓ガラスの内側に施すことによって、冬は暖かく、夏は涼しく屋内を保つ透明断熱コーティング剤です。
透明タイプなので外の景観はそのまま。現場対応型の塗料なので施工が簡単、しかも低価格。耐久性は10年以上!
高遮断熱ガラスに使用されているような機能を持つ特殊金属皮膜を液体化した、現場対応型のアメリカ製塗料です。

特徴

1.外の景観そのまま

透明タイプで可視光線を約80%以上取り込みます。(普通の単板ガラス90%)

2.抜群の耐久性

一度施工すれば10年以上(半永久的)の耐久性を維持

3.「簡単施工」「低価格」

現場で簡単施工、復層ガラスに比べ価格1/3

効果

効果1:夏涼しい 暑い太陽光線を遮熱

赤外線は人間が熱く感じる太陽光線の波長(760~2000nm)のことで「寒暖シールドを施工」することによって、この赤外線を30%以上、室内への浸入カットします。したがって、冷房効率がアップし省エネ・CO2削減に貢献します。

※地球温暖化により冬場の暖房費より夏場の冷房費が大幅にかかります。
※熱線(赤外線)30%以上カット
※室内昇温抑制3~5%

温度変化グラフ(測定7月)

■測定条件:静岡県浜松市、晴天、エアコン停止状態、南向きホテル、窓ガラスから20cm~30cmの室内側
■室内空間温度差:最高5℃(13:30)

※テーブル表面温度差最高8℃  測定時間、場所によって温度差は異なります。

効果2:冬暖かい 暖房効率のアップと北向き窓の結露の抑制
●中・遠赤外線室外放出カット(波長2000nm以上)で暖房効率がアップします。

※この寒暖シールドは可視光を透過させる透明度を維持し、その領域のエネルギーを室内に取り込みます。また室内の暖房がもつ波長中赤外線・特に暖房のもつ遠赤外線を室外へ逃さず外側への放熱を防ぐため、冬は暖かく暖房効率をアップさせます。

●寒暖シールドの塗布面が、赤外線の熱を吸収するために結露を抑制します。

※屋内で発生する遠赤外線(熱)を寒暖シールドが吸収し、屋内側のガラス面の温度は外気温に直接影響されにくくなります。結果ガラス面の屋外と屋内の温度差で水蒸気が付着する結露を抑制することになります。

温度変化グラフ(測定7月)
効果3:紫外線を95%カット 室内の家具・カーテンの劣化色あせを防止

紫外線は調度品・ジュータン・畳・カーテン・シーツ・壁紙等の劣化や退色も引き起こします。紫外線を抑制することで寿命が延び経済的でもあります。

室外の紫外線抑制効果

■時間:2002年9月 14:00
■測定場所:島根県機器製作工場
■測定条件:晴れ、南西風軟風
■寒暖シールドなし:屋外 4.75w/m2 屋内1.187w/m2
■寒暖シールド施工:屋外 4.67w/m2 屋内0.193w/m2

効果4:昆虫は紫外線を認識する

電灯や蛍光灯からでる紫外線を遮断し昆虫を寄せ付けない。ただし、酸化炭素等の炭酸ガスに反応する蚊などや可視光線領域に反応する昆虫等の一部は対象外となります。

昆虫飛来抑制効果

寒暖シールド施工による屋内温度比較表

寒暖シールド施工による屋内温度比較表

■測定日:2002年9月
■測定場所:島根県木次町機器製作工場
■測定条件:晴れ、南西風軟風、地上より1.5mの高さ、窓ガラスから屋外・屋内20cmの位置にて測定

建物の熱浸入と放出※経済産業省製造産業局住宅建材課資料より

建物の熱浸入と放出

寒暖シールド施工工程

簡単作業(はずさない、取替えない)で値段も安い。一度塗ったら10年以上の耐久性があります。

寒暖シールド施工工程

窓ガラスをきれいにした後、専用のスポンジにひたして上から下へ1回。指しょく乾燥20分実用乾燥2時間という早さ。

施工前後比較

膜厚は2~3ミクロンという大変うすく、それでいて硬度が5~7Hです。ジョンソンのガラスクリーナーや熱湯での実験も充分おこなった上で10年の耐久性ということになりました。

※結露抑制効果がありますが、環境条件により効果がみられないときもあります。(結露防止ではございません)

施工の様子

寒暖シールド S医院

S医院

寒暖シールド S電機

S電機

寒暖シールド M邸

M邸

寒暖シールド  S社

S社

寒暖シールド N産業

N産業

寒暖シールド O邸

O邸

寒暖シールド N邸

N邸

寒暖シールド N邸

N邸

寒暖シールド N邸

N邸

寒暖シールド N邸

N邸

寒暖シールド N邸

N邸

寒暖シールド N邸

N邸

ページの先頭へ
Copyright (C) 株式会社建装センター All Rights Reserved.
株式会社建装センター
〒577-0061 東大阪市森河内西2-12-17 TEL06-6783-1028 FAX06-6783-1025